大学の世界展開力強化事業 AIMSプログラム|プログラムについて

プログラムについて

AIMSプログラムとは

AIMS(ASEAN International Mobility for Students)プログラムとは、SEAMEO-RIHED(東南アジア教育大臣機構 高等教育開発地域センター)が推進する学部生向け学生交流プログラムで、日本は2013年(平成25年度)から大学の世界展開力強化事業*の一環として参加しています。

ASEAN諸国(マレーシア、インドネシア、タイ、ベトナム、フィリピン、ブルネイ)および日本間の学生交流を活発にし、ASEANコミュニティーを形成することを目的としています。このプログラムを通じて、学生たちが国際的な環境で活躍できる能力を養い、他の国の学生たちと絆を深めることによって、日本を含むASEAN共同体の一員として自覚を深めることを促します。

*大学の世界展開力強化事業とは、国際的に活躍できるグローバル人材の育成と大学教育のグローバル展開力の強化を目指し、高等教育の質の保証を図りながら、日本人学生の海外留学と外国人学生の戦略的受入を行うアジア・米国・欧州等の大学との国際教育連携の取組を支援することを目的として、文部科学省において平成23年度から開始された事業です。

AIMSプログラム概要(2014年12月現在)

  1. 参加国 :7か国 マレーシア、インドネシア、タイ、ベトナム、フィリピン、ブルネイ、日本
  2. 参加大学:60大学
  3. 学位レベル :学士課程 700人以上
  4. 対象学問分野:①ホスピタリティ&観光、②農業、③言語・文化、④国際ビジネス、⑤食料科学技術、⑥工学、⑦経済学
  5. 交流期間 :1学期
  6. 単位 :単位互換及び認定を伴う交流
  7. 使用言語 :英語
  8. 授業料 :相互免除

▲ このページの先頭へ

Copyright© 2014. AIMS-JAPAN PROGRAM. All Rights Reserved.